女性弁護士のあおば横浜法律事務所(港北ニュータウン)。個人再生・自己破産・任意整理・過払金返還等債務整理・借金問題。無料相談。
個人再生・自己破産・任意整理・過払い金の返還など債務整理の無料相談

任意整理

任意整理は、裁判所を通さず、各業者と個別に交渉・和解して、一括または分割で返済する方法です。分割返済は、概ね3年程度を目安としますが、事情によりそれより長い期間の分割にすることもあります。
業者との交渉にあたっては、業者の請求している金額を利息制限法に引き直して、法律的に支払うべき金額を基準に交渉します。分割払いの場合でも、将来利息をカットすることができます。
取引が長い場合には、払いすぎていたお金を取り戻すことができます(過払い請求)。

相談予約申込みフォーム

任意整理にかかる費用

生活に支障がない金額での分割払いをお受けしています。
契約時に必要な費用を明示しております。それ以上に費用をいただくことはありません。
なお、以下の弁護士費用は税抜表示のため、別途消費税がかかります。
また、ご事情によっては、下記費用でお受けできない場合もございます。ご了承ください。

着手金 2万円×債権者数
報酬金 着手金相当額+減額になった金額の1割

実費として1社あたり2千円必要となります。
過払い金を回収した場合は、別途回収した金額の20%を報酬として頂戴します。
但し、債権者1社のみの場合は、着手金に1万円(税別)を加算させていただきます。

(報酬金額の具体例)
・着手金相当額:
   債権者が6社であれば12万円+消費税
・減額した金額の1割:
   50万円請求されていたが、30万円で和解したら、2万円+消費税
・過払い返還金の2割:
   50万円の過払い金返還を受けたら、10万円+消費税

任意整理のメリットとデメリット

メリット(長所)

  • 返済金額を減額することができます。
  • 払いすぎたお金を取り戻すことができる場合もあります。
  • 弁護士に依頼した場合、その時点で返済が止まり、業者の取立行為が禁止されます。
    但し、返済資金として一定額の積立は必要です。
  • 自己破産や個人再生のように官報に載ることはありません
  • 自己破産のように、各種資格制限がありません
  • 裁判所を通さないので、裁判所からの呼び出しなど時間的拘束が少ないです。

デメリット(短所)

  • ブラックリストに載るので、数年間は新たに借入れをしたり、クレジットカードを作ったりできなくなります。

任意整理の流れ

1.弁護士から業者に受任通知を発送

弁護士に依頼した時点で返済が止まります。
業者に通知が届いた時点で、あなたへの督促・取立てが止まります。

2.債権調査

弁護士が取引履歴を債権者から取り寄せ、それを利息制限法で計算しなおして、債務の正確な金額を出します。

3.弁済案の作成

あなたから収入や生活状況を確認して、利息制限法で計算し直した債務額を基準に弁済案を作成します。

4.過払い請求

利息を多く払いすぎていたことが判明した場合には、判明した時点で業者への請求をし、場合によっては訴訟を提起して取り戻します。
回収した過払い金で債務の返済をすることもあります。

5.債権者との交渉

弁護士が各業者との間で交渉を始めます。

6.返済開始

交渉がまとまれば、和解書を作成した上で、弁済をスタートさせます。
長期の返済の場合には、返済のための口座を用意して、月々必要な金額を積み立て、自動送金手続きなどを利用すると間違いがありません。